レディ

nlpのプラクティショナーになるために必要なこと

言葉や口腔の専門家

男女

様々な養成方法があります

言語聴覚士は言葉や口腔機能のリハビリテーションを行う医療専門職の一つです。言語聴覚士になるためには養成学校を卒業して国家試験に合格する必要があります。養成学校には様々なものがあり、高卒で入学できるものや、大卒者を対象としたもの、大卒の中でも指定科目を履修した人を対象としたものなどがあります。大卒の中でも指定科目を履修した人を対象とする養成学校に入学したい場合、既卒の大学で指定科目を履修できていない場合、通信制大学の科目履修生などで履修した科目でも認定される場合があります。養成学校の募集要項やホームページを確認するほか、オープンキャンパスや説明会などを利用して、入学できるかどうかを相談しておくといいでしょう。

専門職になるために

言語聴覚士は病院等の医療機関のほか、福祉施設などでも勤務することができます。特に、言語発達に課題のある子どもや、失語症の人の言語訓練などにおいては高いニーズがあります。また、介護関係の施設においても口腔機能(咀嚼、嚥下など)の訓練を機能訓練指導員として行うことができるなど、言語聴覚士が活躍できる幅は広いと考えられるでしょう。したがって、言語聴覚士の養成学校では幅広いニーズに対応できる専門職になるために、様々な科目を学び、そして長期に渡る実習を行って専門性を養います。養成学校への入学を検討している場合は、事前に言語聴覚士の専門性についてある程度の理解をしておくと学びがスムーズになるでしょう。また、就職の可能性についてもできる範囲で調べておくと、実際に言語聴覚士になる際に自分がどのような分野で活躍したいかについて見通しをつけることができるでしょう。