レディ

nlpのプラクティショナーになるために必要なこと

経営学修士としての学位

婦人

仕事の幅が広がります

MBAは日本でいうところの経学修士としての学位のことです。経営学の大学院修士者に与えらるものであり、ビジネスシーンでは広く求められる資格の一つです。MBAの取得は日本の大学でも可能ですが、MBAの本場であるアメリカで取得した方がより上級の知識を習得しているといえるでしょう。日本でも近年、ビジネススクールが増加したことによって、アメリカにいってMBAを取得できない場合にも、経営に必要な知識や能力を習得することができるようになりました。このため、日本の企業で働きながら、ビジネススクールに通ってMBAの取得を目指す人も増加してきています。MBAを取得することによって、企業への就職や転職、昇進などに影響を与えます。

ニーズが高まってます

日本では従来、年功序列が当たり前の社会であったことから、MBAはそれほど注目されないものでした。しかしながら、年功序列が崩壊しつつある風潮において、経営者を社内以外で育成する必要性が高まりつつあるのです。また、日本社会のグローバル化に伴って、新興国での経営者の育成や経営知識のある人材の育成は急務になってきました。このような流れをうけて、MBAの取得は注目されるようになってきているのです。近年、国内のビジネススクールの増加に伴って、国内でMBAを取得する動きは活発化してきています。ビジネス社会におけるプロフェッショナルという位置づけになることから、MBAを取得することで、仕事の幅を広げている人が増加しているのです。